お墓を建てる時期はいつにしよう

親族が亡くなってしまうと、お墓や葬儀について考えなければなりません。お墓を作る流れは以下の通りになります。まず、基礎工事を行いお墓と立てる準備をします。基礎工事の段階で納骨室を作ります。次に外柵工事を行った後に、墓石の彫刻に入ります。これで工事の段階は終了で、この後に納骨が開始できます。納骨の時期は『四十九日』、『月忌』『一周忌』の時期に行われるようです。

もちろん、『四十九日』、『月忌』『一周忌』の時期であっても仏滅や友引は避けられるようです。これはあくまで納骨までの時期で、法律上の制限はありません。その時期についても個人で決定することができます。経済的な理由で、お墓をすぐに準備できない人もいるでしょう。

そんな時に利用したいのが、お墓の一時的な代わりになる『納骨堂』です。納骨堂はお墓を作っているときの一時的な避難所としても使える存在です。お墓を建てる時期は、生前に行っておくのもいいでしょう。生前に自分のお墓を建てることを『寿陵』といいます。

生前に準備

最近は、生前からお墓や葬儀について準備しておく人もいらっしゃるようです。節税や子供への負担を減らす意味で、お墓を建てる時期をこの『寿陵』にする人も多いようです。ただし、多くの墓地や霊園などは、墓地取得からお墓を建てるまでの期間が決まっています。生きているからといって、いつまでも放っておくことはできません。

公営墓地の中には規則として『遺骨が手元にある』。
お墓を購入するときは、いつ購入するかの期間が重要になります。そんな条件があるところもあります。生前に自分のお墓を購入する『寿陵』もきちんと規則をチェックしないと大きなトラブルの原因になるかもしれません。きちんと、自分が購入しようとする墓地や墓石を頼む石材店に確認を取りましょう。

一生のうちで、1回程度しか買わないお墓ですが、すぐに購入して家に届けられるわけではありません。お墓を買いたいけど、どうのような仕組みになっているか分からない。そんな人も多いのではないでしょうか。今回はお墓の買い方について説明します。

葬儀の種類

お墓を建てる時期はいつにしよう
葬儀には色々な種類があるのをご存知ですか?
家族葬とは、家族や親しい友人など少人数で行われる小さな葬儀です。葬儀にかかる費用が少なく、遺族の精神的な負担を減らすため、最近では家族葬を行う人も増えてきています。
親族のみでなく、友人や職場関係者も会葬することができる葬儀が一般葬です。一般層の場合、葬儀にかかる費用額は大きいかもしれませんが、実費費用で考えると場合によっては家族葬よりも負担が少ないときもあります。

まとめ

お墓を購入してからの使用規定は墓地や霊園の管理者によって異なります。使用目的や墓地権利書の発行・管理料・宗派の選択などいろいろな規定があります。また、霊園や墓地によってはお墓に使い石材の高さや形、墓石・外柵設置の期限の決まりも細かくあります。

もちろん、霊園や墓地によって規定は異なりますが、中には石材屋も指定されているところもあるので注意しましょう。お墓の購入の際に一番注意してほしいのが、『永久使用権』です。永代にわかって、購入したお墓を供養できるという権利で、一般の人もどこかで聞いたことがあるでしょう。

意外かもしれませんが、永代使用権は法律的な用語ではなく、分かりやすく言われるようになった言葉なんです。永代使用権は、正統な後継者に引き継がれ先祖の供養をすることになります。基本的に他人に売却することはできません。そういった理由もあって、昔からある寺院墓地の中には契約書が残っていない場所も珍しくないのです。

お墓を相続したら、契約書がない……そんな事例もあるのです。契約書がなくても檀家契約をしていれば問題ない事が多いですが、きちんとその寺院に確認を取るようにしましょう。お墓の購入で気をつけておきたいポイントは『永久使用権』になるのです。

【関連サイト】 家族葬|葬儀・家族葬・お葬式なら「花葬儀」

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫

更新情報